研究室紹介


数学

竹内 敏己

高橋 浩樹

深貝 暢良  

香田 温人

水野 義紀

岡本 邦也  

坂口 秀雄




物理学
核磁気共鳴(NMR)は物質を構成する原子の核がもつ磁気の性質を利用して材料 のいろいろな性質を解明しようとするものです。当物理学教室では主にこの方法を利用して研究をすすめています。

岸本 豊 重い電子系超伝導体や銅酸化物高温超伝導体では、強い電子相関の結果、異方的な超伝導エネルギーギャップが形成される 事が報告されている。A15やC15化合物のエネルギーギャップの異方性をNMRを用いて研究している。 

中村 浩一 次世代の固体電池材料として期待されているリチウム遷移金属化合物、リチウム合金などの超イオン導電体のイオンおよび電子 機能をNMRの方法で研究している。 

川崎 祐

犬飼 宗弘